矯正歯科(マウスピース)

マウスピース矯正

 

見えないマウスピース矯正

マウスピース矯正(製品名:インビザライン 完成物薬機法対象外)とは、ワイヤーやブラケットを使わず、透明なマウスピース型の装置で歯を動かす矯正方法です。透明なので、目立たず、周囲の人に気づかれにくいのが特徴です。

人と会ったり喋る機会が多い仕事の方でも、他人に気づかれずに歯列矯正を行えるマウスピース矯正は、社会人の方や年配の方でも負担の少ない矯正方法と言えます。

透明なマウスピース型の装置
透明なマウスピース型の装置の例

インビザラインとは

インビザライン

マウスピース矯正にはいくつかの種類がありますが、中でもインビザラインは世界で800万人以上を超える治療実績があり、矯正先進国であるアメリカやカナダでは、70%以上の矯正医がインビザラインを採用しています。

マウスピース矯正の中では治療実績が最も多いのがインビザラインです。

マウスピース矯正(インビザライン)のメリット・デメリット

マウスピース矯正の利点としてよく言われているのは、下記のような特徴です。

マウスピース矯正のメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 装置が目立たない
  • 食事中に外せる
  • 治療前に術後の状態がシミュレーションできる
  • 通院回数が少ない
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 楽器が吹ける
  • スポーツが可能
  • 長時間(20時間以上)装着する必要がある
  • 本人の装着努力に治療効果が左右される
  • 難しい症例が苦手
  • 経験の少ない医師でも治療できてしまうため、治療が計画通りにいかなかった時に修正できない場合がある

メリット

目立たない
装着時に目立たないのがマウスピース矯正のメリット

マウスピース矯正の一番大きなメリットとしては、やはり「目立たない」という点です。

人前に出るお仕事の方など、従来のワイヤー矯正では矯正治療に躊躇していた方でも治療を行うことができます。

取り外しができる

もう一つのメリットは、「取り外しができる」という点です。

これにより、食事中に外したり、マウスピースを外した状態で歯磨きができるようになりました。しっかりと磨けることで、虫歯を予防することもできます。

患者様への負担が少ないことが、マウスピース矯正の大きなメリットです。

デメリット

本人の装着努力に治療効果が左右される
1日20時間の装着

マウスピース矯正は、長時間(20時間以上)装着する必要があります

「取り外しができる」メリットの裏返しとして、長時間装着するには患者様の努力が必要となります。患者様の努力によって治療効果が左右される、という点がデメリットの一つと言えるかもしれません。

食事や歯磨きの時、お仕事でどうしても必要な時の短時間以外はマウスピースを外さないようにしてください。

歯並びによっては、苦手な症例がある

マウスピース矯正では難しい症例の対応が難しいということが良く言われますが、理由として「歯の回転を取る、細かい動きが苦手」ということが挙げられます。

100%マウスピースだけでの治療にこだわると、難症例の場合に治療が困難になることは事実です。

最後の「奥歯を後ろに動かすことが容易」という利点を非抜歯矯正の観点から補足します。

大臼歯の根の表面積はかなり大きいため、ワイヤー矯正では移動させることが容易ではありませんでした。

マウスピース矯正では、奥歯を後ろに動かすことで、健康な歯を無理に抜かなくても歯が並ぶスペースを作ることができ、非抜歯での治療の可能性が大きく拡がりました。

上顎前突(出っ歯)を抜歯なしで治したい方にもマウスピース矯正は向いています

歯を奥に動かしやすいので非抜歯矯正の可能性が拡がる

マウスピース矯正で歯を後ろに動かし、非抜歯で治している症例です。

ワイヤー矯正と違い、歯一本一本に最適な動きをさせることで、歯が徐々に動いていく様子がわかると思います。

従来のワイヤー矯正や通常のマウスピース矯正(インビザライン)では、治療後の歯並びを事前に確認することは難しいことでした。

iTero(アイテロ)の3Dスキャン機能で精密な歯型が取れるようになり、これまでよりも精度の高いマウスピースが作製できるようになりました。

また、スキャンした画像をその場で確認することができ、患者様と治療シミュレーションを行いながら、治療後の歯並びを事前にご確認いただけるようになりました。

マウスピース矯正(インビザライン)の成功は、いかに精度の高い歯型を作れるかにかかっています。

iTeroによって従来のマウスピース矯正(インビザライン)と比べて歯型の精度が格段に向上したことで、1本1本の歯に対して移動距離を設定できるようになるなど、より細かく正確な動きで治療を進めることができるようになりました。

マウスピース矯正は万能の治療法ではなく、難しい症例やどうしても抜歯が必要な場合は、従来のワイヤー矯正の方が治療に適したケースも存在します

しかし、従来のワイヤー矯正の「目立ってしまう」という最大のデメリットを克服したマウスピース矯正は、患者様の負担を大幅に減らすという意味で、矯正治療の可能性を大きく拡げる治療法です。

お仕事や日常生活に支障が出てしまうという理由で健康で美しい歯列を諦めなければならないとしたら、それはとても残念なことです。

当院では、難症例の場合はワイヤー矯正と併用しての治療も可能です。多くの方が健康で美しい歯列を取り戻されることを願っております。

インビザラインの費用

インビザラインには、「インビザライン・コンプリフェンシブ」と、比較的軽度の症例に適用できる「インビザライン・ライト」、その中間的な位置づけの「インビザライン・モデレイト」があります。

インビザライン・コンプリフェンシブはCTデータより歯の表面の情報のみでなく、歯の根と歯槽骨の情報を組み込むことが可能なため、より正確な治療計画を作成することが可能です。

インビザラインの費用
インビザラインの種類 治療費用(税抜)
インビザライン・ライト 準備中
インビザライン・モデレイト 準備中
インビザライン・コンプリフェンシブ 準備中

軽い症例の場合はワイヤー矯正よりも大幅に費用が安く済みます。

初診診断の際に、どのような治療になるかの診断をさせていただきます。

 

治療の流れ

1. 初診相談 ※当院は女医も常勤しています。

歯並びのお悩みやその他諸々のご相談、治療に関するご説明を行います。この時、マウスピース矯正で治療が可能な歯並びかどうかも判断されます。

おおよその費用や治療期間についても初期相談時にご確認ください。

この時点で不安な点や疑問点があれば、些細なことでもどんどんご質問ください。不安が残ったまま治療に進むと、後々トラブルや治療の失敗につながることもあります。

治療開始や検査を希望される場合は口腔内の検査に進みます。

2. 口腔内の精密検査

口腔内を検査し、お顔や口の中の写真撮影や、CT検査を行ないます。所要時間は約30~40分程度です。

歯の検査では二次元のレントゲンが一般的に使用されます。

三次元の歯科用CTを使うと、レントゲンでは見ることのできない骨の中の歯根の状態や顎の骨や歯の周囲の骨の状況まで立体的に把握できるようになります。

当院では診断の精度を向上させるため、院内に歯科用CT設備を備えております。

矯正開始前に治療が必要な歯周病や虫歯があった場合、そちらの治療を先に行う場合があります。

3. 歯形の採取・治療シミュレーション

高精度3D歯型スキャンiTeroを使い歯形を採取します。

従来のように口にシリコンを詰めてしばらくの時間我慢をしていただく、ということもありませんので、患者様の負担が大幅に軽減されました。

スキャンした歯形はリアルタイムで確認することができるため、歯形が不鮮明な場合はその場で修正が可能です。再度型どりのために来院いただく心配もありません。

精密検査と歯型の採取で得られた結果を分析し、正確な診断と治療方針を立てます。

インビザラインの場合は最初に採取した歯型をもとに、コンピューター上で治療終了までの歯の移動をシミュレーションすることができます。

患者さまと医師で治療終了時の歯並びのイメージを共有することができますので、同じゴールに向かって治療を開始することができるメリットがあります。予め治療期間がはっきりすることもメリットの1つです。

治療期間がはっきりするため、治療開始前に費用の総額がはっきりするという安心感もあります。

4. マウスピースを作成

マウスピースを作成
マウスピース型カスタムメイド矯正装置

治療を開始する場合、歯型のデータはマウスピースを製作する会社へ送られます。

5. 治療開始・治療期間

数週間毎に新しいマウスピースに交換するごとに、歯は徐々に治療目標に向けて移動します。

人の手では不可能な1mm以下の精度で歯を動かしていくことができるため、他の矯正方法と比べて痛みも少ないです。

治療期間中は必ず決められた装着時間を守ってください。

クリニック来院時に、次回までに使用するマウスピースをお渡しします。

治療期間の目安は、治療開始前の歯並びの状態にもよりますが、おおよそ1年~2年程度を目安にお考えください。

難しい症例の場合や、装着をさぼってしまった場合は、治療期間が延びる場合もあります。

通院の間隔は、約6週間に1回程度になります。

インビザラインの場合は初回の歯型採取時に治療終了までの歯型を取ることができますので、まとめてマウスピースをお渡しすることも可能です。

患者様の希望と担当医師との相談になりますが、通院の間隔を2~3ヶ月に1回程度まで緩和することも可能です。

6. 治療終了・保定期間

矯正治療終了後は、後戻りを防止するために一定期間の保定が必要となります。

保定装置の装着をさぼってしまうと、せっかく動いた歯が元に戻ってしまいますので、気を抜かないようにしましょう。

ご相談はお気軽に!